薩摩半島南端にある「フラワーパークかごしま」は、年間を通して、さまざまな植物の輝きが楽しめる花の楽園です。特にこの時期は、広い園内の各所が美しい花々で彩られ、一日掛かりの散策でも時間が足りないほど。。
私が訪ねたのは4月後半。屋内庭園では、トロピカルカラーの可憐なブーゲンビレア(別名ブーゲンビリア)が、まさに花盛り。
「ブーゲンビリア」の花言葉は「情熱」「魅力」。鹿児島では初夏と晩秋が開花ピークとのこと。紫、赤、ピンク、オレンジ、白などの色があり、花形も一重と八重品種があります。
自然美満載の花々にうっとりしながら楽しみました。