「藺牟田池自然公園」駐車場に車を止めて、前方に広がる藺牟田池の方に進むと、ボート乗り場周辺に、真っ白い白鳥と鴨たちが仲良く泳いでいる姿が目に飛び込んできます
どうやら、餌をもらうために右往左往しているようです。
白鳥、鴨の動きを眺めていると、結構、人慣れしていて、ほとんど警戒心は無いようです。眺めているだけで、心身ともに癒やされ、いつまでも一緒に遊んでいたい気分です
天然のため池である藺牟田池には「浮島」と呼ばれる泥炭が300近くあり、極めて珍しい低層湿原で、国の天然記念物に指定されているとのことです。そして「希少野生動植物種であるベッコウトンボや水鳥の生息する重要な湿地として、2005年ラムサール条約湿地として登録されました」と案内板でも紹介されています。
水鳥たちにも優しい憩いの場となっているようです。