「旧増田家住宅」に大事に保存所蔵されている、陶器の器や漆器のお盆、重箱、お椀について、先日、ボランティアガイドさんがとても熱心に説明をして下さいました。
漆器といえば、輪島塗、越前塗、会津塗と産地によっていろいろ特徴があるようですが、ここに所蔵されている、立派な四角のお盆は、どうやら忍者の根来衆が作成したもの
最近判明したとの事。保存状態もよく、大変価値ある根来塗のようです。
そのほかの器の数々も、かなり希少価値の高い逸品とのことで、きちんと調査が始まり、今後は厳重な管理となるそうで、こうして、間近で気軽に見れなくなりそうです。
待ち合わせタイムが近づいていたので、ゆっくりお話しを聞けずに残念。またの機会を楽しみにしたいと思います。