「入来麓武家屋敷群」の公開施設として、平成25年4月1日にオープンしたのが、「旧増田家住宅」。かなり広々とした敷地内に、どっしりとした風格のある構えの家屋が並んで建てられており、印象的です。
薩摩川内観光物産ガイド「こころ」のサイト情報によると、下記のように紹介されています。
「入来町に入来麓武家屋敷群の公開施設として、「旧増田家住宅」が平成25年4月1日にオープンしました。
「旧増田家住宅」は、母屋、石蔵、浴室便所、洗い場が一体となって保存されています。敷地入口には、明治6年の石敢当(せきかんとう)があり、母屋はその頃までに建築されたと考えられています。また、石蔵には、大正7年4月竣工の刻銘がありました。
母屋の屋根が当初はかやぶきであった痕跡を確認できたことから、修理前の瓦ぶきからかやぶきに復元しました。」
「増田家は、代々医者を営んでおり、昭和25年ごろまで、この地でも眼科医として診療を行っていました」と説明板にあるように、石倉に入ると当時の面影が感じられます