NHK大河ドラマ「西郷どん」2回目放送でも、やはり「桜島」がドーンと映ってました。鹿児島人にとっては、桜島は、心のよりどころ、故郷のシンボル、自然との対話を学ぶ最高の存在。
「かつて薩摩の武士たちは、戦に出陣する際には、桜島に一礼し必勝祈願を行い、無事に戻れたら、帰還のお礼の挨拶を桜島と交わした」と聞いたことがあります。それだけ、鹿児島人の中心には、いつの時代も「桜島」がありました。地形上の利点もそうですが、どこからでも「桜島」が美しく見えるよう、鹿児島の町そのものが作られてきたようです。
「桜島との対話」が、西郷隆盛をはじめ、維新時に活躍した偉人を数多く輩出した鹿児島力の原点なのではと思います。
本日紹介するのは、「かごしま健康の森公園」からの桜島特集。素晴らしい桜島風景が広がっていました。