このところ、全国のおよそ9割の地点で最低気温、氷点下の冬日が続いているようです。
鹿児島でも、かなりの冷え込み。雲の合間から顔を出す太陽の優しい陽射しが嬉しいかなといったところ。
この日の桜島は、昼過ぎ出かける時には、山頂もくっきりとその姿を現していましたが、市役所や郵便局での用事を終えて、城山展望台に到着した15時過ぎには、ちょうど厚い雲に覆われ、うっすらと山頂の冠雪が見え隠れしていました。
でも、空気が澄み渡り、透明感のある風景の中、山肌が手に取るようにくっきりと目に飛び込んできます。やはり、絶景ポイントの一つです。冬日の桜島も、美しい!!